文字サイズ変更

本サイトを正しくご覧頂くには、ブラウザーの「 JavaScript 」 設定を有効にしてください。


はやかわクリニック診療案内「緩和ケア」

緩和ケアとは

緩和ケア」とは治ることの難しい「がん」を抱えた患者さんの痛みや苦しみを和らげ、その人らしく尊厳をもって最期まで有意義に過ごせるように、患者さんを「援助」することです。

また、患者さんだけではなくその家族をも含めてケアの対象としています。

がんの終末期には病気そのものによる身体的苦痛だけでなく、精神的、社会的、霊的(魂の)苦痛を伴うことが多く、患者さんは全人的に病んでおられるといわれています。

しかし、今までの医療においては、ひたすら治癒を目ざして積極的な治療は施すけれど、患者さんの抱えたいろいろな苦しみには充分配慮しなかった傾向がありました。

緩和ケアに際して

緩和ケア」においては、抗癌剤などの「がん」に対する積極的な治療が適応にならなくなった患者さんを主に対象としています。

がん」の根治的治療はしませんが、患者さんの苦痛を緩和する治療は積極的に行います。そのためには、モルヒネを含む各種の鎮痛剤鎮痛補助剤抗うつ剤抗てんかん剤など)、ステロイドホルモン剤を使います。

医療とはもともと人に癒し”を施すことであり、たとえ不治のをもった患者さんに対しても為すべきことは沢山あります。

なによりも、今患者さんがどのような状態にあって、どのような悩みを抱えておられるのかということを医療者が理解し、共有することを大切にしています。

そして、患者さんおよび家族と話し合いながら、限られた時間をいかに有意義に過ごせるかを一緒になって考えてゆきます。

また、誰にも例外なく訪れる「死の過程」に敬意をはらい、死を早めることも遅らせることもしません。

当院では在宅での緩和医療を積極的に行っています。

訪問看護ステーションと連携して24時間体制で診療致します。

ページ最上部へ


トップページ診療案内施設紹介院長挨拶医療の知識医療情報地図・交通案内サイトマップページ最上部へ

文字サイズ → 大 文字サイズ → 中 文字サイズ → 小