文字サイズ変更

本サイトを正しくご覧頂くには、ブラウザーの「 JavaScript 」 設定を有効にしてください。


はやかわクリニック診療案内「膠原病・膠原病類縁疾患」

膠原病・膠原病類縁疾患の診療に該当する主な症状

関節痛」、「筋肉痛」や様々な「内臓障害」を合併する病気に「膠原病」があります。

膠原病について

この「膠原病」には、「関節リウマチ」、「全身性エリテマトーデス」、「強皮症」、「皮膚筋炎多発性筋炎」、「結節性多発性動脈炎」が含まれ、これらを「古典的膠原病」と呼んでいます。
また、「古典的膠原病」には含まれませんが「膠原病類縁疾患」として「シェーグレン症候群」、「ベーチェット病」、「リウマチ性多発性筋痛症」、「抗リン脂質抗体症候群」などがあります。

これらの病気の多くは原因不明の「発熱」、「体重減少」、「リンパ節腫脹」、「全身倦怠感」などの全身症状を伴い、その原因に「自己免疫異常」があり、「自己免疫疾患」と呼ばれることもあります。また、関節痛を伴うことが多いことから「リウマチ性疾患」とも呼ばれることがあります。

完治が困難なことが多いため、厚生労働省が認定する特定疾患(難病)に指定され、診療費が公費負担とされる膠原病が多いです。

重症度には個人差が非常に多く、日常生活にはそれ程支障がない患者さんから長期の入院生活が必要となる患者さんまで様々です。

最近の膠原病診療の進歩は目覚ましく、以前のような致死的疾患のイメージはなくなりました。

膠原病・膠原病類縁疾患の診療に際して

慢性で進行性であることが多いことから、
患者さんとの信頼関係を築くことが第一と考えております。

病状治療法副作用、予想される経過などについて
できる限り詳しく説明するよう努めております。

ページ最上部へ


トップページ診療案内施設紹介院長挨拶医療の知識医療情報地図・交通案内サイトマップページ最上部へ

文字サイズ → 大 文字サイズ → 中 文字サイズ → 小