文字サイズ変更

本サイトを正しくご覧頂くには、ブラウザーの「 JavaScript 」 設定を有効にしてください。


はやかわクリニック診療案内「関節リウマチ」

関節リウマチ診療に該当する主な症状

関節痛」、「筋肉痛」や様々な内臓障害を合併する病気に「膠原病」があります。

この「膠原病」には、「関節リウマチ」、「全身性エリテマトーデス」、「強皮症」、「皮膚筋炎多発性筋炎」、「結節性多発性動脈炎」が含まれます。

関節リウマチについて

膠原病」のなかでも患者さんの人数が最も多いのが「関節リウマチ」です。
朝の手のこわばり感初発症状で、あちこちの関節が痛くなり、放置しておくと関節が変形してきます。

関節リウマチ診療に際して

骨密度測定

関節リウマチ」には「骨粗鬆症」の合併が多くみられます。
特に、ステロイド剤を併用しなければいけない患者さんや閉経後の女性にみられます。

骨粗鬆症」がひどくなると、「脊椎の圧迫骨折」や「大腿骨の骨折」の危険が高くなります。このため、当院では定期的に骨密度測定骨粗鬆症の早期発見・治療に取り組んでおります。

骨密度測定を使った超音波法ですので、数分で簡単にできます。

はやかわクリニックでは、初期から「抗リウマチ剤」を積極的に使用して骨破壊を抑制し、関節変形を防止する方針診療しています。

残念ながら「抗リウマチ剤」があまり効かない患者さんには最新の「抗サイトカイン療法」を積極的に施行しております。慢性で進行性であることが多いことから、患者さんとの信頼関係を築くことが第一と考えております。

病状、治療法、副作用、予想される経過」などについて
できる限り詳しく説明するよう努めております。

ページ最上部へ


トップページ診療案内施設紹介院長挨拶医療の知識医療情報地図・交通案内サイトマップページ最上部へ

文字サイズ → 大 文字サイズ → 中 文字サイズ → 小